サンダーの話

現地で19試合観戦したオクラホマシティ・サンダー大好き男がオクラホマシティ・サンダーについて書きます。

『one of the toughest players』byデアンドレ・ジョーダン+α

f:id:Ko_nba:20170715230732j:plain

デアンドレ・ジョーダンが The Players' Tribune で「今までマッチアップした中で最もタフな選手の一人」としてサンダーのある選手の名前を挙げていました。誰だと思いますか?

 

 

デアンドレ・ジョーダン談

 

これを言うといつもみんなに驚かれるんだけど、俺が今までマッチアップした選手の中で最もタフな選手の一人はニック・コリソンなんだ。

信じてくれ本当なんだ、多くのビッグマンが「シャックを守るのが一番キツい」と言うのをよく聞くけどさ。俺はバスケットボールの試合ってものをニックとのマッチアップで学んだんだ。

思い出すよ、ある時、オクラホマでの試合だ、ニックが試合に出てきた。彼は俺に近づいてきて、めちゃくちゃ丁寧に言ってきたんだ「やあ、ただ知らせようと思ってね、僕は君に1本もリバウンドを取られないようにコーチに言われてきた」 ってね。そして彼は微笑んだ。マジでめちゃくちゃ丁寧だった。

その試合の残り時間、ボールがリムに当たったら毎回ニックがボックスアウトをしに俺の足元にぶつかってきた、今まで経験した中で一番ハードなボックスアウトだ。彼は「俺にリバウンドを取らせない」という1つの任務を遂行するために出てきた選手だった。ニックは身長が高い選手ではないけど、容赦しないし、とてつもない競争心を持っている。彼とマッチアップすると次の日の朝、体が痛くなるって分かってるんだ。この人を毎回ボックスアウトしないといけないからね。そして、彼が毎回俺にボックスアウトをしてくるのも知ってるから。

 

 byデアンドレ・ジョーダン

 

http://assets.sbnation.com/assets/2435607/collisonchandler_medium.gif

デアンドレだから体が痛む程度で済んでいるけど、一般人がコリソンにボックスアウトされたら死にそう 

 

Mr.サンダー   

コリソン再契約!!!!!

コリソンは昨シーズン終了時の会見で「バスケットボールをプレーすることを楽しんでいる」「(コーチ職に就く可能性について聞かれ)僕は選手だ」とプレータイムを求めているとも受け取ることができる発言をしていました。 

一昨年はジェレミー・ラムが「俺はただチャンスを求めている」、昨年はミッチ・マクゲイリーが「俺はただバスケットボールをプレーしたいんだ」とシーズン終了会見で発言し二人ともチームから離れることになったので、コリソンの上記の発言を聞いて「この流れは?」とかなり心配していました。あと、FA解禁から2週間コリソンの契約について情報がなかったのも心配になっていた原因の一つ(これはサンダーの補強が終わるのをコリソンが待っていてくれたということかもしれないけど)

 

とにかく残ってくれて良かった!コリソン(おそらく)最後のシーズン、優勝するぞ!

 

f:id:Ko_nba:20170716002054j:plain

ちなみにアイキャッチ画像のシルエットはコリソンのTwitterプロフィール画像から

 

 

 

参考記事

Growing Up in the NBA (Sort Of) | The Players' Tribune

Nick Collison still wants to play, but where? | News OK

OKC Thunder: McGary faces critical summer in OKC | News OK

Oklahoma City Thunder: Jeremy Lamb wants a fair, honest-to-goodness chance | News OK